効果、使用方法、価格など、すべてにおいて優秀すぎるニベア

私が子供の頃から、ずっとあったニベア。
おなじみすぎて、その効果については大人になってからも無関心でいました。
ニベアといえば、古くからあるハンドクリームの1つくらいの認識でした。
でもこのニベア。
本気で使ってみると、はんぱない効果に感動です。

ニベアを気に入っている点・その1

使い方のバリエーションが多い

化粧水の後、クリームとして肌に塗ってスキンケアとして使えるのはもちろん、そもそもの用途として広まっていたハンドクリームとしても優秀です。
でもニベアの使い方は、数限りないくらいあります!

パックすると肌がもちもちに!

洗顔の後、ニベアを厚めに顔に塗り、蒸しタオルでむすか、そのままお風呂に入るなどして、10~15分ほどスチーム状態の中にいます。
その後、化粧水を含ませたコットンでニベアをふき取ります。
または、ニベアにガスールの粉末を混ぜてパックする方法もあります。
ニベアに塩や砂糖をまぜて、スクラブにして軽くマッサージするという方法もあります。

髪にも使える!

シャンプーした後、濡れたままの髪の毛先に、ほんの少しだけつけて乾かすと、髪につやが出て、毛先もパサつきません。
つけすぎるとベタつくので、ほんのちょっとだけつけます。

まつ毛美容液代わりにも!

綿棒に少しだけつけて、まつ毛の生え際につけていきます。
まつ毛が丈夫になり、本数も増えた気がします。

BBクリーム、リキッドファンデーションに混ぜて使う!
購入したBBクリームがちょっと色が暗くて肌に合わなかったので、手の上でニベアと混ぜて塗ったら、自然なツヤのあるナチュラルメイクに仕上がりました。
私は乾燥肌なのですが、冬場でも、このニベアと混ぜたファンデーションだったら帰宅するまで肌は潤ったままでした。

派手すぎたチークに混ぜて使う!

色が可愛くて購入したものの、実際につけてみたら色が派手すぎて使えなかったチーク。
これも手のひらでニベアと混ぜ合わせると、ほんのりピンクの発色になって、しかも自然なツヤもプラスされて大正解でした。

アイシャドウにも混ぜればクリームアイシャドウに!
普段使っているアイシャドウに混ぜれば、クリームアイシャドウに早変わり。
1つのアイシャドウを、クリームシャドウと2通りで楽しめます。

ニベアを気に入っている点・その2

1万円ほどする某メーカーのクリームとほぼ成分が同じ

ニベアの青缶は196gでだいたい500円前後です。
でもその成分が、某メーカーの1万円もするクリームとほぼ同じ。
お得すぎてびっくりです。
500円なので、お肌にも、ボディにも気兼ねなく、たっぷり使えます。
しかも169gって、なかなかなくなりません。
コスパが良すぎて感動します。
しかも、ナチュラル志向の私としては、ニベアは界面活性剤が入ってないというのも、うれしいところです。

ニベアを気に入っている点・その3

たいていのドラッグストアで購入できる

めんどくさがりの私としては、使い切って新しく購入する時に、すぐにどこでも購入できるというのは大切なポイントです。
ニベアなら、たいていどこのドラッグストアにもあります。
スーパーにだって置いてます。
あ、買わなきゃと気が付いたら、いつでもすぐ買うことができます。

ニベアを気に入っている点・その4

歳を重ねた肌でも効果を実感できる

歳を重ねて、ごわつくようになった肌には、プチプラのコスメはただ肌を乾燥させるだけだったりします。
プチプラコスメは若者の特権、歳を重ねた肌には、それなりにお金をかけたものじゃないと効果がないのかなあ、と思っていましたが違いました。
ニベアを使い始めて、肌がもちもちしています。
夜、メイクを落とす洗顔の時、肌をさわっていると肌のもちもちが感じられます。
私はニベア特有の香りも好きです。
寝る前につけると、この香りにつつまれて、リラックスして眠ることができます。

まとめ

ずっと日本で使われ続けてきたニベア。
使われ続けてきたということは、皆に愛され続けてきたということ。
このお値段で、この成分、この効果。
そしてなんにでも使える優秀なニベア。
出会えて幸せだとさえ思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です